コンバートEV

コンバートEVコンバートEVとは簡単に言うと車からエンジンを取外しモーターに交換(コンバート)した車のことです。コンバージョンEV、改造電気自動車とも言います。

構造的にはエンジン車と比較すると分かりやすいです。また、電気自動車の構造は電動ラジコンカーと基本的には同じです(構造は簡単です)。

ガソリン車 電気自動車
エンジン モーター
燃料噴射装置
(エンジンコントロールコンピューター)
コントローラー/インバーター
燃料タンク 電池
ガソリン/軽油 電気
変速機 無し
クラッチ 無し
EV改造車EV改造車完成

電気自動車のメリット

近年、下記のようなメリットを持つコンバートEVが注目されています。

  • エンジンを動かすことを考えると各種センサーやコンピューター、エンジンのメンテナンスをしなければなりませんが、モーターに代わった場合はほぼメンテナンスフリーになります。
  • 何千キロ走行したらオイル交換しなければならなかったものが、オイルそのものがなくなります。
  • エンジン車は燃料(ガソリンor軽油)をスタンドまで行って給油しなければなりませんが、電気自動車になると自宅で気軽に充電できます。
  • 燃費(電費)もガソリン車より電気自動車の方が断然経済的で、ガソリンのように極端な価格変動もありません。
Copyright(c) 2012 Automobile Reaserch Development All Rights Reserved.